マニュアル活用

マニュアル通りに法人設立をする


マニュアル通りに法人設立をする法人設立の手続きは難しいものではありませんから、正しく行えば誰にでもできるものです。書籍として販売されているマニュアルなどもありますから、これらを参考にすれば誰にでも簡単にできると言えるでしょう。株式会社は比較的手続きが煩雑だと言われているのですが、それでも定款の認証手続きと登記申請の手続きを行えば良いだけです。間違いさえしなければ問題なくこれらの手続きを行うことはできます。

しかし、マニュアルを読んで自分で法人設立をすると費用が大きくなることもあるという点に注意しておかなければなりません。法人設立を専門的に行っている業者に依頼するほうが安くなる場合が多いと言えるでしょう。絶対に安くなるのかというと、これは業者の料金によって異なっていますが、最近では安くなることをウリにしている業者が多いですから、これを利用するのが良いと考えられます。

では、なぜ業者に依頼した方が安くなるのでしょうか。定款は電子的に作成することができ、電子的に作成して電子的に申請をした場合には、プリントアウトして定款を作成するよりも安くなります。紙にプリントアウトして作成した場合には収入印紙を貼らなければなりませんが、電子定款では貼る必要がありません。その金額は4万円ですから、これだけでもかなり安くなるのです。

したがって、法人設立の手続きを請け負ってくれる業者を利用したときに支払う料金が4万円未満であれば、業者を利用した方が安いということになります。業者によって価格は異なりますが、最近では1万円以下で請け負ってくれる業者もあります。ですから、業者を利用した方が安くなる場合が多いのです。

業者を選ぶときには料金に注目するというのは良い方法だと言えるでしょう。しかし、それ以外の面にも注意しておかなければなりません。登記申請というのは法人設立以外でも必要になるからです。業種によっても異なるでしょう。今後も登記申請が必要になると思った場合には、その場合にも業者を利用するのか、それともその後は自分で手続きを行うのかを決めておくほうが良いでしょう。

今後も登記申請をする可能性があって、そのたびごとに業者を利用するのであれば長い付き合いになります。ですから、信頼できる業者を見つけることが必要です。その後は自分で登記申請をするのであれば自分でやれば良いわけですし、そのために機器を購入するべきかどうかを判断しなければならないでしょう。